たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ
 
正岡です、
突然ですが、
『もったいない』
という言葉を聞いてどんな事を想像しますか?
私はもったいないと聞くと、
幼少期の時によくご飯を残して母親から
「そんなに残して・・・もったいない」
と言われていた事を思い出します。
また、最近になると、
効率が悪い事をしている人を見たり、
知らないがゆえに価値があるものを
ドブに捨てるような事をしている人を見ると、
「あー、もったいないなー・・・」
と思います。
きっと、あなたにもこんなふうに
『もったいない』
と聞くと、あなたなりに
色んな事を想像すると思います。
でも、なんでこんな話をしているのか・・・?
実は、ここ最近、
色んな経営者の方を見てみて
「うわー、もったいないなあ」
と思う『ある事』があるのです。
きっと、その概念を知らなかったり、
その事の価値に気づいていないが
ゆえの事だと思うのですが、
多くの人を見ていると、
そのもったいない事をしているおかげで
『年間、数百万円の売上を逃している』
と思うのです。
一体何の事を言っているのか?
もし、あなたが今、
「お店の経営が苦しい」
 
「売上が全然足りない」
 
「お客さんが来てくれない」
と悩んでいるのでしたら、
今日の内容は必見です。
これから説明する『あるもの』
価値に気づくだけで、きっとあなたは
『お客さんに困らない状態』
を自分で作り上げる事が可能になると思います。
では、本題に入っていきます。
========================
5ヵ月で地域No.1になった赤字の焼鳥店
========================
では、これから
多くの人が見落としている
『あるもの』について話していきますが、
その前に、とても興味深い話をしようと思います。
私のクライアントの1人で
Nさんという方がいます。
彼は埼玉県の桶川市というところで
小さな焼鳥店を経営しています。
パッと見はどこにでもあるような
ごく普通の焼鳥屋さんという感じなのですが、
実は、このNさん、
『月商40万円の状態から
たった5ヵ月で地域No.1のお店』
になった実績があるのです。
元々彼は住宅街の目立たない場所で
こじんまりとお店をやっていました。
近くには2件の居酒屋、
そしてもう1つ焼鳥店があり、
その中でも駅前にお店を構えている
居酒屋が圧倒的な売上を出していました。
その他のお店はというと、
常にお客さんが少ない状態で
それでもなんとか頑張っている・・・
そんな状態でした。
しかし、そんな中でも
Nさんのお店は特にひどく、
『2ヵ月に1度は赤字を出してしまう状態』
だったのです。
Nさんは、
「このままだとジリ貧でいつかマズい事になる」
と思い、自分なりに集客の勉強をしたり、
売上アップのアイデアを試したり
色々頑張ってました。
しかし・・・
努力の甲斐もあり
彼のお店はほんの少しだけ
前よりもお客さんが来るように
なりましたが、
それでも利益が出るには至らなかたったのです。
そうです、
彼は一生懸命努力をしていたのに
赤字が解消される事はありませんでした。
そのため彼はずっと生活が苦しい状態を
強いられていたのです。
しかし、そんな彼ですが
『ある事』をお店に取り入れた事で
なんと、たった5ヵ月で
『220万円を超える月商を叩き出す』
という事に成功したのです。
それまで彼のお店は空席のほうが多く
週末以外はほとんどガラガラだったのに
その『ある事』をしてからは平日でも
最低2回転はするようになったのです。
特にすごかったのが
先ほど話した高い売上を出していた
駅前の居酒屋がガラガラの日でも
彼のお店は満席状態だったのです。
このような事が続くようになり
彼のお店はいつの間にか
『地域NO.1のお店』
になっていたのです。
でも、どうして彼はたった5ヵ月で
こんなにも目覚ましい業績アップを
遂げる事に成功したのか?
彼が実行した『ある事』とは何なのか?
実は、それは私たち経営者のほとんどが
見落としていしまっている事だったのです。
=========================
売れない経営者の最大の盲点
=========================
実は、彼が売上を跳ね上げるために
私がお伝えした事・・・
それは、
『お客さんの連絡先を聞いて
顧客リストを作ってください』
ただそれだけでした。
きっと、このように言うと
いつものように
「お客さんの連絡先を聞いて200万円以上の売上?!」
 
「そんなのあり得ない」
という事が聞こえてきそうなので
もう一度ハッキリと言いますが、
私が彼にお伝えした事は紛れもなく
『お客さんの連絡先を聞いて
顧客リストを作ってください』
これだけなのです。
実は、かなり多くの人が
軽視しているのですが、
顧客リストというものは
ビジネスにおいて売上を一気に増やす事ができる
最も重要な『資産』のうちの1つなのです。
ちょっと、想像してみてください・・・
例えば、今日あなたのお店が
お客さんがまったく入っていない状態に
陥っていたとします。
この場合、ほとんどの人が、
「あー、今日はダメだー」
という気持ちになります。
そして、
「1人でも2人でもいいから
入ってきてくれないかなあ」
と神頼みに近い感情になると思います。
つまり、言葉を言い換えると
お客さんがいない状況を自分の力では
どうする事もできないという事です。
しかし、もしここであなたが
200人の顧客リストを持っていたら
どうでしょうか?
神頼みをするのではなく、
その200人に対して宣伝や販促が
できるようになります。
そして、その中の何%かでも来店してくれれば
ヤバい状況から持ち直す事だってできます。
つまり、顧客リストを持っているという事は
いつでも宣伝や販促ができるお客さんがいる
という事なのです。
今回のNさんは、
自分で試行錯誤を繰り返して
ほんの少しだけお客さんがやってくる
流れを作っていました。
それだけでは、売上は本当に微々たるもので
何の足しにもならないかもしれません。
しかし、彼はその少しずつ増えていく
お客さんから5ヵ月という時間をかけて
地道に連絡先を聞いていったのです。
もちろん、それだけじゃなく
元々いた常連さんにも同じように
連絡先を聞いていきました。
その結果、5ヵ月が経つ頃には
それなりの数の顧客リストが出来上がっていて
そこに宣伝をしていくようになりました。
その結果、彼は一気に売上を
跳ね上げる事に成功したのです。
====================
顧客リスト=売上アップの起爆剤
====================
いかがでしょうか?
今回は多くの人が軽視しがちな
『顧客リスト』について話していきました。
冒頭でも言いましたが、
私は色々な経営者の方々とお会いしますが
その中で
「顧客リストを集めてますか?」
と聞くと、ほとんどの人が
集めていないと答えるのです。
おそらく多くの人が
顧客リストの価値に気づいてなく
『かなりもったいない事をしている』
と思います。
しかし、この価値に気づいている人は
黙々と顧客リストを集め続けて
大きな売上をこっそり出しているのです。
実際、前にも言いましたが、
私自身、過去に投資の失敗で
全財産を失った事があるのですが、
顧客リストを持っていたおかげで
わずか9ヵ月で前の状態にほぼ近い売上を
出す事ができました。
もし、あの時顧客リストを持っていなかったら
おそらく今の状態になるには少なくとも
3~4年はかかっていたと思います。
それくらい顧客リストは
私たち経営者にとって
『強力な武器』
になるのです。
ですので、もしあなたが
現時点で顧客リストをきちんと
集める事をしていなかったのでしたら、
これを機に顧客リストを集めるようにしてください。
その地道な作業が近い将来、
あなたの売上を跳ね上げる起爆剤に
なると思います。
正岡真
 
たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ

Source: 小さなお店の経営者必見!1億稼ぐバカ売れ繁盛店の集客術