「強い者と 戦う時はただただひたすら自分を信じればいい
弱い者に真実を語る時は 少しだけ気をつけろ 裏目裏目に 愛が転がる」
(JAPAN 長渕剛 より)


『うぎゃ~!!!!!』
・・・愛猫さくらちゃんの叫び声が聞こえました。
あわてて声のする場所に行ってみると
なんとスノコの隙間にさくらちゃんの後ろ足が挟まって
身動きが取れずに暴れていました。
足が抜けなくなったさくらちゃんは
パニックになっています。

『うぎゃ~!!!!!(叫ぶ声)
 うにゃ~~~~!!!!!(鳴く声)
 シャーーーーっ!!!!!(威嚇する声)』
何者かに
捕獲されたと思ったのか
スノコに向かって
「シャーーーーっ!!!!!」
っと興奮して威嚇しています。
『あれ~、さくらちゃん、かわいそうに。
 今、足を抜いてあげるよ・・・』
と私が手を出した瞬間に

『うにゃ、にゃ~!!ガフー!!
 シャーーーーっ!!!!!(威嚇する声)』
とものすごい形相で怒っています。

どうやら挟まっている足を抜いてあげようという
私の気持ちが伝わらず、興奮して私を威嚇しています。
『さくらちゃん、待っててよ。今、足を抜いてあげるよ・・・』
と手を近づけるだけで、やはり
『ガフー!!がうーーっ!!
 シャーーーーっ!!!!!(威嚇する声)』
と怒っています。
どうしたものか・・・と思案するうちに
あばれていたさくらちゃんの足がスノコから
すぽっと抜けて脱出成功。
『お~、よかったねえ。さくらちゃん・・・』
と抱き上げようとしたら
『ガフー!!がうーーっ!!
 シャーーーーっ!!!!!』
とまた威嚇されました・・・・・・・ (T-T) 
どうやらさくらちゃんの頭の中に
「スノコ→足が挟まる→むっちゃ痛い→私登場→コイツは悪い奴」
というつながりが出来てしまったようです。
結局その日はまったく私に近寄ろうとしません。
私が
『さくらちゃ~ん・・・もう、大丈夫だよ~』
と近づくと、すぐに興奮して威嚇します。
その時に私の頭の中で冒頭で引用した
長渕のJAPANの歌詞が流れました。

「弱い者に真実を語る時は 少しだけ気をつけろ
裏目裏目に 愛が転がる」
そして、こんなことを思ったのです。
「相手のために良かれと思ったことであっても
タイミングや伝え方によっては逆に受け取られることってあるよなあ・・・。」

だから何だ、という話ではないのですが
普段はおとなしいさくらちゃんが私を威嚇する姿を見ながら
少しさびしい気持ちになり、
「仕事や人生でも本心が伝わらずかえって嫌われたりすることがあるね。」
としょげていた私でありました。

愛猫に人生を教えたもらったかも。。。
PS.
その夜、さくらちゃんはゴソゴソと私の布団の中にもぐりこみ
スースーと寝息をたてて寝てくれました。
・・・その時の私の嬉しさをご想像あれ(^.^)//
02


Source: 商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫