たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ
 
正岡です、
今日はとても大事な話をしようと思います。
あなたのビジネスを左右するほど、
重要な話です。
私はこれまで毎回のように
「お客さんを増やして売上を上げたければ
正しい集客スキルを身に付けてください」
 
「集客スキルを学ぶ事は経営者の必須項目です」
というふうな事を話してきていますが、
実は、それと同じくらい、
いえ、それ以上に大事にしている事があります。
それは、
『自分が苦しい時ほど相手に価値を与えろ』
という価値観を持って
ビジネスをやっていくという事です。
もうかなり過去の話になりますが、
まだ私が起業をして間もなかった頃、
私はものすごく貧乏な生活を送っていました。
食べるものを買うお金もなく、
当時、近所にあったスーパーで
一番安い「もやし」をいつも一袋だけ買い、
そのもやしを、
「何日かに分けて少しずつ食べる」
という事を日常的にやっていました。
意気揚々と起業したにも関わらず、
想像していた結果とは180度違い、
一生懸命用意した商品はまるで売れない・・・
頑張って寝ずに販促物を作ったのに、
たった1人のお客さんも捕まえられない・・・
そんな状況に陥っていました。
そんな毎日を送っていたので
当時の私は、
「お金が欲しくてたまらない」
と思っていました。
ですので、ごくたまに
問い合わせをしてくるお客さんがいると
「とにかく売上が欲しい」
という感情がマックスになり、
そのお客さんの事をまったく考えずに
ただ自分の欠乏を満たすためだけに
商品を勧めていました。
そんな姿勢でお客さんと接していたので
当然ですが、私の商品は1つたりとも
売れる事はありませんでした。
しかし・・・
ある日を境に、そんな私の状況が
ガラリと変わり始めたのです。
まったく集められなかったお客さんは
次から次へとやってくるようになり、
それまで1つも売れなかった商品は
数えきれないほど売れていくようになりました。
一体何があったのか?
実は、私はこの時ほんの少しだけ
ビジネスに対する意識を変えたのです。
その結果、これまでとは
まるで違う状況が訪れるように
なったのです。
===========================
お客さんは自分にとって
価値がある人のところへ集まる
===========================
私がほんの少しだけ変えた事・・・
それは、
『自分よりも先にお客さんに価値を与える』
という事でした。
当時、私はさっきも言った通り、
ものすごい極貧生活を送っていたので、
とにかくお金が欲しくてたまりませんでした。
なので、自分のビジネスを
『自分の欲求を満たす手段』
というふうに無意識のうちに
捉えていたのです。
「売上が上がればお金が入ってくる」
 
「お金が入ってくれば貧乏生活から抜け出せる」
 
「だから商品をたくさん売りたい」
こんな構図が頭の中に
当たり前のようにできていました。
しかし、冷静に考えれば分かる事ですが、
そんな人間のところにお客さんはやってきません。
お客さんからしてみれば、
自分自身の欲求や目的を満たすために
お金を払って何かを買うのであって、
売り手側の欲求を満たしてあげるために
何かを買うわけではありません。
私はコレを自分の先生に言われて気がつきました。
そして、
『自分よりもまず先にお客さんに価値を与える』
というふうにビジネスに対する
意識を変えていきました。
すると、1人2人とお客さんが増えていき、
大して一生懸命商品を売ろうとしている
わけでもないのに、
商品はどんどん売れていきました。
今では、この頃から10年近くも経ち
ある程度の結果を残す事ができていますが、
この時からずっと、
『自分よりも先にお客さんに価値を与える』
という姿勢はずっと変えていません。
=============================
あなたは自分のビジネスを
どのように捉えていますか?
=============================
ここまでの話を聞いてみて
あなたはどう思いましたか?
もしかしたら、あなた自身も
お客さんに価値を与えるという事を忘れて
「とにかく売上を上げたい」
という感情に支配される事もあるのではないでしょうか?
私たち経営者は常に売上を気にしながら
毎日を過ごしています。
今日食べていくために
明日以降も食べていけるために
必死で売上を上げようとしています。
だからこそ、
「お客さんが全然来ない・・・」
 
「売上が足りない・・・」
 
「このままじゃヤバい・・・」
という状況に陥ってしまった時、
ついお客さんに価値を与えるという事を
忘れてしまう事があると思います。
私たちは人間なので完璧ではありません。
そうなってしまうのは仕方がないと思います。
しかし、どんな時も自分の根底に
『ビジネスはお客さんに価値を与えるもの』
という価値観を持っていないと
それが必ずお客さんに伝わってしまいます。
たとえあなたがどんなに強力な
集客スキルを身に付けて
それを使っていたとしても、
あなたの接客や、
あなたが作る販促物、
あなたがお客さんに宛てたメールなど、
ありとあらゆる部分で
「とにかく売上がほしい」
というあなたの内側の強い声が
お客さんに伝わってしまうのです。
だからこそ、私は
『自分が苦しい時ほど相手に価値を与えろ』
という価値観を強く持っておく事が
大事だと思っています。
・・・・・
いかがでしょうか?
今回はいつものように
スキルに関する話ではなくて、
目に見えない心構えについての話でしたが、
個人的にはかなり重要な事だと思っています。
先ほども言いましたが、
実際に私は自分の先生にこの事を指摘され、
『とにかく自分が苦しくても
お客さんに価値を与え続ける』
という事を意識しながら、
それを自分のビジネスの至るところに
反映させていったら、
まるでお客さんが吸い寄せられているかのように
次から次へとやって来るようになりました。
もちろん、その状態を作るためには
これまでお伝えしてきたような集客スキルを
使いましたし、売上アップの仕掛けも
たくさん作りました。
しかし、自分の根底に
『自分が苦しい時ほど相手に価値を与えろ』
という気持ちが無ければ
今の自分はなかったと思っています。
ですので、もしあなたが今
「お客さんが全然来ない・・・」
 
「売上が足りない・・・」
 
「このままじゃヤバいかも・・・」
と頭を抱えているのだとしたら
そういう時こそ、
「今、自分はお客さんに対して
十分な価値を与えているだろうか?」
と自分に問いかけてみてください。
きっと、その問いかけによって
あなたの現状を打破するためのアイデアが
湧いてくると思います。
ぜひ、やってみてください。
正岡真
 
たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ
 
 

Source: 小さなお店の経営者必見!1億稼ぐバカ売れ繁盛店の集客術