たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ
 
正岡です、
「自分は〇〇だから上手くいかないんだ・・・」
あなたは今までに
こう思った事はありますか?
この質問をすると
おそらく大多数の人が、
『ある』
と答えると思います。
例えば、恋愛面において言えば、
「自分は見た目が悪いから
あの人は振り向いてくれないよ」
とか、
「自分は人見知りで話が詰まらないから
相手にしてくれないよ」
というふうに、
『自分は〇〇だから上手くいかない』
と思う人は一定数いると思います。
他にもダイエットなどにおいても
「自分は意志が弱いから上手くいかない」
 
「時間がないから続かない」
というふうにさじを投げてしまう人は
実際のところかなりたくさんいると思います。
私自身も私生活において
同じような事を無意識的にも意識的にも
数えきれないほどやっていると思います。
しかし、一見当たり前のように感じる
『自分は〇〇だから上手くいかない』
という考え・・・
これは本当に正しいのでしょうか?
たしかに、この考えは
社会のいろんな場面で使われていますし、
もはやそこに疑問を感じる人はいないくらい
当たり前の事になっていると思います。
「すいません、私は○○なので
これはできないです」
 
「自分は〇〇だから向いていません」
というセリフは誰もが当たり前のように使いますし、
それを多くの人も受け入れているように思います。
むしろ、
『自分は〇〇だから上手くいかない』
という主張をする事で
手を差し伸べてくれる人もいるくらいです。
なので、一般社会においては
『自分は〇〇だから上手くいかない』
という考えは通用すると思います。
しかし、あえて私の考えを言うと、
それは一般社会では通用するけど、
『ビジネスにおいてはまったく通用しない』
と思っています。
例えば、多くの人は、
自分のビジネスが上手くいかないと
「ウチは立地が悪いから・・・」
 
「ウチには資金があまりないから・・・」
 
「子供がまだ小さいから・・・」
 
「シングルマザー(シングルファーザー)だから・・・」
 
「他の人みたいに新しい事をする時間がないから・・・」
というふうに
『自分は〇〇だから上手くいかないんだ』
と、できない理由を言い始めます。
たしかに、それはそうなのかもしれません。
立地が悪いのは事実だと思いますし、
資金がないのも、子供が小さくて
手がかかるのもすべて事実だと思います。
それによって、他の経営者達よりも
自分は不利な状況にいるのも分かります。
しかし、それを主張していれば
あなたの状況は良くなるのでしょうか?
売上は上がるのでしょうか?
それとも誰かが手を差し伸べてくれて、
あなたのビジネスを成功させて
くれるのでしょうか?
残念ながらそんな事は何一つ起こりません。
そんな事を訴え続けても
あなたの状況は良くならないし、
売上も上がりません。
誰かが助けてくれる事もありません。
なぜなら、前にも言いましたが
ビジネスという土俵はそんな和気あいあいとした
ものではなく、経営者たちが生き残りをかけて
日々戦っている
『戦場』
だからです。
弱みを見せてしまえば
助けてくれるどころか
ライバルに足元をすくわれて
一気にお客さんを持っていかれます。
それがビジネスという土俵なのです。
なので、あなたがビジネスで生き残りたいのなら
今よりももっともっと成功したいのなら、
『自分は〇〇だから上手くいかない』
という考えは絶対に持ってはいけないのです。
そして、
『自分の弱さを言い訳にしない』
という強い覚悟で臨んでください。
実際にそういう覚悟を持って
やっている経営者は自分の弱みを克服して
どんどん売上を上げていっています。
そして、どんどんビジネスを大きくしていっています。
逆を言えば上手くいかない経営者は
いつだって
『自分は〇〇だから上手くいかない』
と、できない理由を正当化して
それを言い訳にしている人たちです。
あなたはどちらのタイプの経営者になりたいですか?
答えは言うまでもないと思います。
もし、あなたが今現在、
『自分は〇〇だから上手くいかない』
という考えを持っていて
それを日常的に使っている場合、
まずはそれを取り除くことから始めてください。
きっと、その先にあなたの成功は待っているはずです。
 
正岡真
 
たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ
 
 

Source: 小さなお店の経営者必見!1億稼ぐバカ売れ繁盛店の集客術