緊張症で人見知りな性格を克服する

緊張症で人見知りでコミュニケーションが上手くできないで悩んでいる人は案外多い。
たいてい真面目で控えめな人に多い。

そんな人は
「上手に会話をしよう」
「場を盛り上げなくては」
と思ってしまう。

そして、緊張症で人見知りでコミュニケーションが上手くできないと自己嫌悪に陥る。
真面目であるがゆえにそのことを反芻して思いだし、それが長期記憶として側頭葉に残るから、自己認識が「緊張症で人見知りでコミュニケーションが上手くできない」と深く刻まれて、次も同じことを繰り返す。

残念ながらアガリ症や緊張症は自然には治りません。私も元極度のアガリ症、緊張症で人見知りでしたが、今は大勢の前で話すことを仕事にしています。その克服法はこちらで紹介しています。


Source: 商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫