絶対見ておくべき、チャンスを儲けに変える方法

商売をするにあたって思うこと。

ノープランの人が多い・・・。
チャンスについて考えていない人が多い・・・。
自分の強みを理解していない人が多い・・・。

小著「どん底からの大逆転」でも書きましたが私自身がどこに行くのか自分でも分からないスネークライン的な生き方です。

でも、これはノープランということではありません。
自分の強みを理解していないということでもありません。

偶然というか、何か見えない力というか、神様の計らいというか、大きな流れによって目の前にポンと「チャンスらしきもの」が現れる時があります。

そのときにはまだ正確に言うと「チャンス」ではないかもしれない。

チャンスになる可能性のある種でありそれは「チャンスらしきもの」と言ったほうがイメージとしては近いかもしれません。

私の場合で言うと
「本を書きませんか?」
というメールが出版社から届いたことはその時点ではそれは「チャンスらしきもの」だったのかもしれません。

でも、ノープランではありませんでした。
どうしたら編集長に採用してもらえるかは真剣に考えました。

市場調査もしたし、自分の強みも考えたし、どうしたら売れるかも真剣にプランニングしました。
そして、それを企画書にしました。
このあたりで「チャンスらしきもの」は「チャンス」に変わったかもしれません

木越和夫先生に
「きみ、講師をやったらどうだ?」
という声を掛けて頂いたことはその時点ではそれは
「チャンスらしきもの」だったのかもしれません。

でも、ノープランではありませんでした。
どうしたら講演家としてオファーがくるのかを真剣に考えました。

市場調査を行い、どのテーマで、どのマーケットで、どのポジショニングで、どの自分の強みを生かしてどう差別化すれば講演家として食っていけるかを真剣に考えました。

もちろん、それを計画書にまとめました。
このあたりで「チャンスらしきもの」は「チャンス」に変わったかもしれません。

私に実際に会った人は
「酒井さんというのは勢いで押す人だな」
と思っている人が多いようですが、案外、戦略を考えて、ポジショニングを考慮して、プランニングします。

だから、商売をしている人から
「商売が上手く行かないです。
 どうしたら良いでしょうか?」
と訊かれると次のように思ってしまいます。

ノープランの人が多い・・・。
チャンスについて考えていない人が多い・・・。
自分の強みを理解していない人が多い・・・。

それだとこの「チャンスらしきもの」が周りに在っても、それは「チャンス」に変わることなく、「チャンスらしきもの」のまま過ぎ去ってしまいます。
だから、結果がでない。

では、なぜ私は「チャンスらしきもの」のいくつかを「チャンス」に変えることができたのか?

それは・・・
経営戦略やマーケティング、ブランディングについて学んだからです。

アイデアや、出逢いや、縁はそのままだと
「チャンスらしきもの」
です。

人生においてはそれらは
「チャンスらしきもの」
のままでもいいのだけれど、それを商売で売り上げや利益につなげよう思うなら次の(  )部分のフィルターを通さないといけない。


 アイデア・出逢い・縁 ⇒(   )⇒ 売り上げや利益

この(  )部分のフィルターが経営戦略やマーケティング、ブランディング。

自然の素材が美味くなるための調味料と言ってもいいでしょう。

アイデア・出逢い・縁はプランニングしても出会わないことが多いのですが、それは偶然というか、何か見えない力というか、神様の計らいというか、大きな流れによって目の前にポンともたらされるものだから。

でも、目の前にポンと現れたアイデア・出逢い・縁を商売の売り上げや利益につなげよう思うなら経営戦略やマーケティング、ブランディングというフィルターを通す必要があります。

そろそろまた値上げするかもしれませんので経営戦略やマーケティング、ブランディングを学んでチャンスを売上や利益に変えたい方は下記の2つはお早目のご視聴を。

①商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ
 http://www.middleage.jp/lan/ 

②頑張っても努力しても儲からない!!
 http://www.middleage.jp/brand/ 

絶対に見ておくべき



Source: 商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫