1年の半分が過ぎましたね。年々、月日が経つのが早く感じるのは気のせいでしょうか?

 

2017年上半期を振り返って。

 

このブログを書き始めて3か月半。

 

ブログを書くことで自分の考えが整理されていくのがわかった。

 

でも、ブログは誰かに見られているという意識が常にあるので、自分の気持ちを全てそのまま書けない。

 

だから、日記を書き始めた。

 

生まれて初めて毎日、日記を書きました。

 

その日起きた事を書くというより、思ったことを殴り書き。

常に日記帳を持っていて、気になった言葉も書き留めた。

自分の感情のままに書き留めた。

 

喜び、怒り、悲しみ、感謝・・・・・。

 

そして書いたことをなぜそう思ったのか、なぜ気になったのかと掘り下げる。

 

しばらくして気が付いたこと。

 

同じようなことを書いてる。

 

あれ?あれれ?

 

いつも私がお客様に言ってること。そのまま。

 

本当にやりたいことはいつも口に出して言っている。

でも、それを出来ない言い訳をしている。

だから本当にやりたいことはこれなんですよね。って。

 

日記を見返してすぐにわかった。

 

周りの人も気が付いているから、同じようなことを言われている。

 

自分が書いていることも、周りから言われることも同じ。

だから、やっとわかった。

 

「私のやりたいこと。これなんだ。自分の躓くこといつもここなんだ。駄目なとこここなんだ。」ってね。

 

そして、自分のコンプレックスにより思考の癖があることも分かった。

 

私は、親と兄弟に対してのコンプレックスがある。

父のように仕事が出来る様になりたい。

母と姉のように誰が見ても綺麗な人になりたい。

 

ノートにぎっしりそれが書いてあって笑ってしまった。

 

「なんで、父みたいになりたかったんだっけ?

なんで母や姉は綺麗で私は綺麗ではないと思ったんだっけ?」

 

人生の半分程、生きてきて、やっと気がついた。

ここまで長かったなぁ。。。。

 

やっとありのままの自分でいいんだよ。

と思える事が出来た。(かな?)

 

それを気が付かせてくれたのは子供の一言。

「誰も何も悪くないんだよ。だから、ママ大丈夫だから。」

 

「あ、そうだね。ママが勝手に悪いことだと決めつけてるんだよね」

と言った瞬間に涙があふれた。

 

相手がどう思うかは相手次第なのにね。

私が勝手に悪いことだと思い込んでいただけなのかも。

 

自分の目に見えているのは自分が見たいものだけ。

そして見たくないものを見ていないだけなのでは?

 

「父はすごい。自分は駄目だ」と言う事だけを見ていた。

でも、そうなのかな?

「私だってすごくない?父に出来てない事出来ているし。すごいよねって言われたことあるしなぁ」

 

「母と姉はよく綺麗ですね」と言われる。でも私は言われない。

でも、そうなのかな?

私だって、私のこと綺麗と言ってくれた人いたよね?(数少ないけど・・(笑))

 

ここに水が半分だけ入っているコップがあります。

「半分だけしか水がない」「半分も水がある!」と思うか。

 

米国の臨床心理学者アルバート・エリスの「ABC理論」

 

A(Activating Event)=出来事


B(Belief)=観念・解釈・思い込みといったものごとのとらえ方


C(Consequence)=結果として表れた感情・気持ちなど

 

私たちは、何か自分の身に降りかかった出来事に対し、「よかった」とか「悔しい」とか感情を持ちます。そのため私たちは単純に、このときの因果関係を〈A〉→〈C〉であるかのように思いがちです。

ところが実際は、その感情〈C〉を引き起こしているのは、出来事〈A〉ではなく、その出来事をどうとらえたか〈B〉によるというのがこの理論の肝です。すなわち、因果関係は〈A〉→〈B〉→〈C〉と表されます。

 

私たちは生きていく途上で実にさまざまな出来事に遭遇していくが、それを100%コントロールすることはできない。しかし、それをどうとらえるかは、自分の意思のもとにあり、ある程度、コントロールができる。それによって、自分の感情や気持ちを好ましいほうへもっていくことができる。その積み重なりは、長い目で見れば、自分の生き方や運命を意思的に変えていくことにつながっている

http://globis.jp/article/1412より引用)

 

物事の捉え方なんていくらでも変えられる!

ということに気が付いた2017年上期。

 

面白いもので、子どもがいつも私に

「ママ、お仕事ばっかりで遊んでくれない」

「ママ、いつも怒ってる」

「ママ、いつも寝てる」

とか言っていたんですよね。

 

悲劇のヒロインぶりたいというか・・・。

 

だから、毎日、日記をかいてごらん。と言いました。

 

そしたら、

「ママ、沢山遊んでくれている」

「ママ、沢山笑ってる」

「ママ、ご飯作ってくれて、お掃除してくれて、いつもありがとう」

に変わりました。

 

子どもは素直だから、反応が早くて面白い。

 

「仕事ばっかりで遊んでくれないママ」と思っていただけだったんですよね。

 

マイナスなことばかり見ていてそうだと思い込んでいただけ。

 

「毎日幸せだね。楽しいね。ありがとう」という言葉が増えました。

 

そして子供から感謝の言葉が沢山出てきて、お手伝いもするようになって、勉強もがんばってするようになって、私も子供にやさしくなり・・・・・。というのが続くように。

 

私が変わったから子供が変わったのか。

子どもが変わったから私が変わったのか。

 

どちらかわかりませんが、

日記を書くことによって

その内容を毎日見返すようになり

見えていなかった部分が見えるようになった。見るようになった?のかな。

 

今まで見ていた視点が変わっただけで世界も変わる。

 

自分の思考の癖を自分自身で変えるのは難しいですが、

日記を書いていただけで気が付いたのではない。

 

日記に書いていたことは

過去、色々な人に言われていたことだったということに気が付いたことも大きかった。

 

結局、その時は言われていたことを自分には関係ないと感じていたけど

その人は私の思考を見抜いていたんだなと納得が出来たから

変えることが出来たのかもしれない。

 

自分自身では自分の思考の癖になかなか気が付かないから

客観的にみることができるように文字にして見る。

そして、客観視してくれる第三者の意見を聞く。ということも重要かなぁ。

 

プライベートも仕事も家庭も自分の考え方次第で、人生は変わるのかもしれないですね。

そのことに気が付かせてくれた日記。2017年下期も毎日続けよう!NikoNiko2

 

世の中には幸福も不幸もない。ただ考え方でどうにでもなるものだ。

ウィリアム・シェイクスピア 

 

 

 

 

ラブラブ募集締め切りました。次回8月に応募予定ですラブラブ

【募集内容】
Google Analitics 設置サポートからデータ解析

【金額】
5000円
 

ラブラブ特別特典ラブラブ

あなたのブログ(Webサイト)の数字をまとめたあなたオリジナルの解析表を作成!!

Google Analiticsの見方をわかりやすくまとめたデータをプレゼント!!(これだけ見ればあとは自分で解析できるようになるかも!?)

 

ブランドデジタルマーケタ-

南半休半ノマド生活
Niko

 

↓この記事が少しでもお役に立ったらポチッポチッとお願いします↓
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ

 

 

Source: 『何から始めていいか分からない方へ』自分らしく、楽しく、かんたんに♥アメブロカスタマイズで集客!