忙しくてもできるアガリ症解消のコツとは

アガリ症や緊張症の人に
「リラックスしてください」
と言ってもあまり効果はありません。

どうしたらリラックスしてアガリ症や緊張症を緩和できるかの具体的な指示を出すことが大切です。
下記は実際に心身をリラックスさせるための具体的な方法です。

 ■リラックスするための身体の各部の使い方

・視線
斜め前方の天井を見るように視線を上げます。
さらに人は一点を見つめ続けるとリラックスした状態になり、しかも集中力を高めることができます。

・口
口を小さくすぼめて「ふ~っ」と細く息を吐き出す。
交感神経優位の状態では、呼吸は浅く速くなります。逆に、副交感神経優位の状態では、呼吸はゆっくりと深くなります。意識して、ゆっくりと深い呼吸を行うことで、副交感神経を優位にすることができます。お腹に鼻があり、そこで呼吸するイメージでリラックスできる人もいます。

・舌
人目につかないところでこっそりと舌を出します。人は舌を出した状態で緊張感を持続することの方が難しいのです。バスケットボールプレーヤーが緊迫した状態でフリースローを行う際に、舌を出してフリースローを行うとプレッシャーから開放されて、成績が良くなるという実験があります。自分で舌を出してみると緊張感が取れるのが分かります。

アガリ症や緊張症、人前での震えは放っておいても治りません。むしろ悪化します。アガリ症や緊張症のあなたは今からこちらで対処を。

忙しくても


Source: 商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫