今晩は、明日以降天気が荒れて積雪の予報が出ているところもありますね。

今は、年度末の忙しい時期に突入していてなかなか自分の時間が取れないと思いますが、こんな時にこそ一度立ち止まって考えてみるという事を実践されると良いかと思います。

仕事で忙しい時になんで立ち止まる必要があるかというと、忙しいときには必ずミスが起きやすいという統計学的に実証されています。

なぜミスを起こすのか?

ミスを起こす原因には幾つもの原因がありますが私が会社員をしていたときには、下記のようなことが主な要因となります。

①やっている仕事をチェックしてくれる人が居ない。

②やり方を自己流にアレンジし、結果としてミスに繋がる。

③①と被りますが指導してくれる上司が居ない。

④チェックをしてくれる上司が担当者の業務内容を理解していない。または、業務を行った事がない。

数えれば幾つでもありますが、やはり上司の指導力不足と上司と部下間でのコミュニケーション不足がミスを起こす元になっていると過言ではないと考えています。

ここで、一旦立ち止まることで仕事の内容の全体的な把握と立ち止まることで俯瞰的に観ることが出来るので一旦立ち止まり、仕事の内容を把握する必要があることがわかりました。

なぜこの時期にミスが起きやすいのか?

会社員である以上、避けて通れない事が幾つかあります。

①来季の予算編成と当期の予算の執行額の把握

②ISO等取得している企業さんであれば分かるんですが、品質・環境目標計画書の当期見込みと当期見込みから来期の目標を立てるという2つのことを同時で取り組む難しさ。

③品質・環境目標達成計画書に定められている有効性確認と当期締めのマネージメントレビュー

④内部統制で定められている計画書の実績報告

⑤先焼きで決められた、来期予算の執行の計画決定書の作成と仕様書作成

⑥貸借対照表に記載するための固定資産棚卸し

やるべきことは、いっぱいありますが書ききれないので割愛いたします。

結論を言いますと、仕事の質を上げるためには一度立ち止まって考えて組織の中で生きている以上コミュニケーションが一番大切です。

往々にして言えるのですが、ベテランと言われる方ほどミスを起こします。

なぜかといえば、下記のような事がいえます。

①感覚でやっている。

②コミュニケーションを取ろうとしない。

③自責を他責にしたがる。

以上3点が大きなミスを起こす原因となっていると過言ではないと考えています。

総評になりますが人間ミスを起こす事を前提にし、一度立ち止まって基本に立ち返り自らの仕事のやり方を見直す事で必ず、コミュニケーションを取ろうとする方が居るので、是非一旦立ち止まり基本に立ち返る事が一番大切だと私は考える次第です。

次のブログでは、コミュニケーションを取る方法について私の経験を元に書いていきますので宜しくお願い致します。