正直に言うと
私は仕事に関しては
かなり器用です。

本も書けるし、サイトも作れるし、コーチングでもできるし
NLPのレッスンもできる。
コピーライティングも上手いし、
マーケティングの指導も上手いし、SNSの使い方も上手い。
司会進行もできるし、デザインのディレクションもできる。
ちなみに絵も上手いし、歌も上手い・・・。
きっと私と同様に
器用でなんでもできる人はいると思う。
そんな人が陥りやすいのが
【器用貧乏のワナ】

なんでもできるから
あれこれやっちゃうんだね。
でも、あれもこれもやると力が分散します。
たとえば自分に10の力があるとします。
それをABCの3つの分野に投入するとします。

するとAに3の力、Bに3の力、Cに4の力という配分とか
Aに4の力、Bに5の力、Cに1の力という配分になります。
でね、大事なのはここから。
ABCのどの分野でも長年その分野で活躍をしている人や
第一人者が必ずいます。
その人たちはたいていその分野で10の力を投入しているので
活躍していたり、第一人者になっています。
だからあなたがAに3の力、Bに3の力、Cに4の力という配分とか
Aに4の力、Bに5の力、Cに1の力という配分で力を投入しても
10の力を出している人には勝てないんだな。
これが仕事や商売であれば
売上げとか利益に直結する。

つまりあれこれやっているのだけれど
儲からない・・・ということ。

こんなことは下記のセミナー動画でも解説しているけれど
戦略的な思考としては当たり前のこと。

 ▼商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ

売上げとか利益がすべてじゃないけど、
フリーとか個人企業は利益が毎月出ないとつぶれる。
だから売上げとか利益に関わりたくなければ社員になるしかない。

フリー、法人、経営者としてやるか、
社員になるかをまず決める。

前者になる覚悟を決めたら
どこに10の力を投入するのかを決める。

どこかの分野に全力を注力して活躍をして、
第一人者になれば放っておいても仕事は来ますから・・・。


Source: 商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫