商売では良いと言われることはとりあえずやってみるべし

私は講演会に行って、会場にいる社長さんたちに次の質問をします。

「あなたは運が強いですか?」
すると・・・。

100人中99.9%の社長が次のように言います。
「俺は運が強いよ」
それはそうですね。
「自分は運が弱い・・・」
と思っている社長なら行動も先行投資も新規事業の立ち上げも躊躇(ちゅうちょ)してできませんから。
私自身もそうですが運が強いと思っています。
だって、フツーは無職無収入で絶対安静6ヶ月の状態の翌年に本を出して、累計売り上げ1億は行かないでしょ。
フツーはほとんどの講師が食えない業界で毎週毎週講演の依頼が来る元極度の人前アガリ症の男なんていないでしょ。
実際に運の強い人を調べると次の共通項があります。
 ↓
「良いと言われることは
 とりあえずやってみる。」
実はこれこそがチャンスをつかむコツです。
「う~ん、どうしようかな・
 得かな?損かな?どうしよう・・・」
なーーーんて言っている間に運の強い人はサクサクと動いて自分にとって必要なことだけ吸収して、すぐに次の段階に行っています。
仕事や人生で成功するには次の3つが必要だと言われますよね。

「運・鈍・根」(うん・どん・こん)
この言葉の中で一番最初にあるのが「運」です。
3文字の並びは
「鈍・根・運」
でも
「根・鈍・運」
でも良かったはずです。
でも、なぜか「運」が最初にあります。
なぜでしょう?
もしかしたら愚直で素直であることや根気よく続けること以上に必要なことがあると示唆(しさ)しているのかもしれません。
「運」とは、運気のこと。運のエネルギー。
古来、運気を上げるために成功者の間で秘伝のように伝わってきた学問があります。
そのひとつが【風水】です。
風水とは簡単に言うと開運のための環境学・統計学です。
商売やビジネスで成功されている方の中には風水を元にお店のレイアウトやオフィスでの備品配置を決めている方も大勢います。
以前、私が主宰している勉強会ダイバーシティ・クラブのメンバーに中国のトップ風水師に師事したマリアさんという女性がいるということを書きました。
私はマリアさんにアドバイスを頂き玄関のある方角の前に水路があったのでその玄関に山の絵を飾ることにしました。
その後、2週間で驚くほどネットで販売している商品が売れ始めました。
さらにその後4週間で講演の依頼が5本入りました。
もちろん、
偶然かもしれません。
それは否定しません。

でも、これは【事実】でもあります。
「良いと言われることは
 とりあえずやってみる。」
そして、そのマリアさんに講師となってもらい下記のセミナーを今月はじめに開催したことも書きました。

========================
▼中国ナンバーワン風水師の愛弟子・愛辺マリア先生による
ビジネス風水セミナー ~風水で人気運・金運をアップしよう~
========================
このセミナーの一般参加者の8割は経営者でした。
しかも男性です。
そして、マリアさんからアドバイスを受けて
『教えていただいた風水を素直に実践してみると、
不思議と一部の商品が普段よりあきらかに売れ始めました。
特にそれを売るための施策を講じていたわけではなかったので、
不思議な感じがしました。』
という方も現れました。
「運・鈍・根」(うん・どん・こん)・・・
マリアさんの許可を得て
「良いと言われることは
 とりあえずやってみる。」
というメンタリティの持ち主で運気を上げたい方のためにこのセミナーを収録した動画を公開します。
ご興味のある方は下記をご覧ください。
========================

▼中国ナンバーワン風水師の愛弟子による
ビジネス風水セミナー ~風水で人気運・金運をアップしよう~
http://www.middleage.jp/bfusui/ 

========================

商売では良いと


Source: 商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫