たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ
 
 
正岡です、
私の知り合いで物凄い売上を
叩き出している飲食店の経営者がいます。
彼は千葉県の田舎のほうで
焼肉店を経営しているのですが、
人口が少ない地域にも関わらず
『連日のように行列ができている』
という状態を作り上げているのです。
平日でも常に予約で満席状態になっていて、
土日などの休日はお店の外に十数メートルの
行列ができる事が当たり前のように
なっています。
まさに、誰もが認める
『超繁盛店』
を作り上げているのです。
しかし、実は彼のお店には
1つ不可解な事があります。
それは、扱っている商品が
『どこにでもあるような普通のお肉』
なのです。
特別高級感があるわけでもなく、
珍しいお肉や人気のブランド牛を
使っているわけでもなく、
『どこでも買えるような普通の焼肉用のお肉』
を使用しているのです。
もちろん、接客の仕方もごく普通で
特別丁寧ない接客をするわけでもなく
お客さんに特別感を与えるわけでもありません。
でも、彼のお店は毎日のように
お客さんが波のように殺到してくるのです。
一体なぜなのか?
今日はその秘密について話していこうと思います。
最初に言っておきますが、
もしあなたが今日お話する『事実』
無視してお店をやっていっている限り、
たとえ、どんな素晴らしい商品やサービスを
売っていたとしてもお店を繁盛させる事はできません。
しかし、この事実を受け入れて、
「よし、自分もこういうふうにやってみよう」
とシフトできるのであれば、
繁盛店を作る事はそこまで難しく
なくなるはずです。
では、本題に入っていきます。
準備はよろしいですか?
==================================
ごく普通の商品でもバカ売れする理由
==================================
それではこれから
本題に入っていきますが・・・
その前に1つあなたに聞きたい事があります。
あなたは先ほどからお伝えしている
『ごく普通の商品しか出していないお店が
行列を連日のように作り上げている』
という事実を聞いて、
素直にそれを受け入れる事ができますか?
正直に素直な気持ちを答えてみてください。
・・・・・
きっと、ほとんどの方が
この事に対して、
「そんな事ありえない」
 
「どこにでもある普通の商品なんて
わざわざお金を払う価値なんてないよ」
というふうに思うと思います。
そう思うのも無理はないと思います。
今現在ほとんどの経営者たちが
自分のお店を選んでもらうために
自分の商品やサービスを選んでもらうために
「もっと良い商品を」
 
「もっと良いサービスを」
と日々試行錯誤をしながら頑張っていると思います。
商品やサービスの良さを追求せずにいたら
決して生き残れないような世界で戦っていると
思います。
実際、世の中の良い商品やサービスは
売れているモノも多いし、そういう商品こそ
お客さんに支持されています。
ですので、そう思うのは無理はないと思います。
というより、
『お客さんは良い商品やサービスを求める』
という事は揺るぎのない事実だと思います。
しかし・・・
実は、この裏側に
『誰もが見落としているもう1つの事実』
が存在しているのです。
そのもう1つの事実とは何なのか・・・?
=========================
知らないと恐ろしい
ビジネスの裏側にある事実
=========================
繰り返しますが、たしかに
『お客さんは良い商品やサービスを求める』
という事はビジネスにおいて
揺るがない事実です。
しかし、実はお客さんを殺到させるには
この裏側にあるもう1つの事実を
知っておかなければいけません。
それは、
『いくらお店の中で良い商品やサービスを売っていても
お客さんはその存在を知る事ができない』
という事実です。
そうです、
たとえ、あなたがどんなに試行錯誤をして
良い商品やサービスを作り上げたとしても
そして、それをお店で売っていたとしても、
お客さんからしてみれば、それを知る術がないのです。
きっとあなた自身も、
あなたの周りにもいるんじゃないかと
思います。
「なんでこんな良いものなのに売れないんだろう」
という状況に陥っている人が・・・
これは、「良いものなのに売れない」のではなく、
「その良いものをお客さんが知らない」から
売れないのです。
では、どうすれば
そういった商品やサービスが
売れるようになるのでしょうか?
============================
お客さんを殺到させるシンプルな方法
============================
実は、この状態から
お客さんを殺到させる方法は
あなたが思っているよりずっとシンプルです。
なぜなら、
『自分が売っている商品やサービスを
きちんとした方法で宣伝をする』
というだけでいいからです。
それだけで今まであなたの商品やサービスを
知らなかった人がその存在に気づき、
お店にやってくるようになるからです。
もちろん、宣伝をするといっても
ただやみくもにチラシを近隣に配布したり、
何も考えずに手軽な広告を使ったりしても無駄です。
きちんと集客のやり方を覚えて、
そのやり方に則って宣伝をしていく必要があります。
しかし、逆を返せばお客さんを殺到させるには
『商品力を高めるよりも集客力を高めればいい』
というシンプルな答えになります。
話が戻りますが、
冒頭でお伝えした焼肉店の経営者は、
『自分自身の集客力をとにかく高めた』
という結果、ごく普通のお肉しか扱っていないのに
お店が毎日のように満席になるくらいの
繁盛店になりました。
つまり、あなたがお客さんを
もっとたくさん集めたいのであれば
『商品やサービスに力を入れるだけではなく
自分自身に集客力を身に付ける必要がある』
のです。
=========================
ビジネスは集客力>商品力
=========================
いかがでしょうか?
『どんなに良いものを売っていても
お客さんはその存在を知りようがない』
きっとこれは多くの人が盲点になっていた
事実だったと思います。
多くの人が知らない事ですが、
どれだけお客さんを集められるかは
どれだけ商品やサービスを良いものにするかではなく
『いかに正しく効率よく宣伝ができるか』
にかかっているのです。
誤解をしないでほしいのですが、
これは決して集客力さえ高めれば
どんな粗悪な商品でも売れるという事では
ありません。
私たちはビジネスマンとして
『常にお客さんに良い価値を提供していく』
必要があると思っています。
ですので、良い商品や良いサービスを
提供していくのは大前提の事です。
しかし、現実問題それだけでは
お客さんは集まりません。
お店を繁盛させる事はできないのです。
あなたが作った良い商品やサービスを
きちんとお客さんの手に届けるために
あなたは集客力を高める必要があるのです。
そういった意味でビジネスは、
『集客力>商品力』
なのです。
先日、PROSPERITY MARKETING SYSTEMの再販しましたが、
手に入れた方はこの部分の重要さを本当の意味で
理解しているはずです。
現に、すでに多くの方が
集客力アップに力を入れ始めて、
少しずつ結果を出してきている方もいます。
このメールを読んでいる方も
『集客力>商品力』
という事実を受け入れて
あなたのお店の集客力を高める行動を
取ってみてください。
それだけでこれまでとは状況が大きく変わるはずです。
正岡真
 
たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ

Source: 小さなお店の経営者必見!1億稼ぐバカ売れ繁盛店の集客術