会社経営に必要な知識【換算係数】

目次

1.換算係数とは

2.なぜ換算係数が必要なのか?

3.換算係数の求め方

4.換算係数を用いたコスト管理

5.まとめ

1.換算係数とは

人・物・時間で管理できるもの全ては、数値で管理できる。

その内、人はお客様で物は、製品を使ったサービスの量で時間はそのサービス及び、営業時間等で管理できる。

管理できるものとして。

①人(お客様)

②物(シャンプー・調味料等の材料)

③時間(電気・ガス等のエネルギーや営業時間)

上記3点で大まかに管理することが出来る。

2.なぜ換算係数が必要なのか?

製品やサービスを提供する上で係数化することにより、別の材料や材料の量を調整し経営状況に合わせたアプローチが出来る。

営業時間の場合、季節変動の要因が大きいのでその季節に応じたコントロールする基準となりえる。

3.換算係数の求め方

換算係数が判明すれば、お客様の来店数やサービスを受けた方々の数値を元に、コスト目標と現在使っている材料の量が判明します。

判明した段階で

下記動画で説明いたします。

4.換算係数を用いたコスト管理

 

5.まとめ

▲目次にかえる