人前で話すスピーチでは緊張予防にマイクはあごにつける

人前で話すスピーチでは緊張予防にマイクを口から話さずに、あごの辺りにマイクをくっつけながら話をするか、または両手でマイクを握って話をします。

人は自分の行動や外部の情報を手がかりに、自分自身の感情を理解します。そのため、自分の目の前で自分の握っているマイクが震えていると、その情報を手がかりに、「今、自分はあがっている。」と理解してしまいます。

反対に自分の目の前で自分の握っているマイクが震えていないと、その情報を手がかりに「今日は、自分は落ち着いている。」と理解するようになります。

そして、こう思うことにより数分後にはすっかり緊張感が取れるのでその時になってからマイクをあごから離す、あるいは片手で握るようにします。

案外、こんなちょっとしたことでもアガリ症や緊張、スピーチでの不安が改善されます。人前で話す時の緊張やアガリは年齢を経るほど度合いはひどくなります。改善と克服はお早めに取り組むことをお薦めします。 


Source: 商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫