たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ
 
正岡です、
今日は昨日の続きを話します。
昨日の記事では、
ネット集客に焦点を合わせて
話をしていきました。
その中で、多くの人がネット集客をするうえで
上手くいかない最大の原因として
『作ったホームページをそのまま何もせずに放置している』
 
『ブログやSNSの記事を
書いただけで誰にも見せずに放置している』
という多くの人の盲点を挙げました。
そのうえで
『ホームページやブログ、SNSの記事を
あなたのターゲットに露出する』
という事が大事ですとお伝えしました。
実は、この事について
ある方から質問を受けましたので
それをご紹介します。
——-Original Message——–
 
こんにちは、昨日の内容について
質問がありメールをさせていただきました。
 
昨日の内容は目からうろこでした。
 
たしかに私自身もホームページやネットの記事を
そのまま放置していたので一向に集客ができていませんでした。
 
なので、これからは積極的に
ホームページやFacebookの記事を
露出していこうと思います。
 
ただ、今までそんな事をした事がないので
どうやったらいいかわかりません。
 
「自分のターゲットに露出する」
 
との事ですが、どのようにすればいいでしょうか?
 
——-End of message———
と、このようなメールをいただきました。
今まで経験した事がないと
理屈が分かっても何をどうしていいか
分からないと思います。
なので、こう思うのも無理はないと思います。
なので、他にもこの方のように
「理屈は分かった」
 
「でも具体的にどうすればいいか分からない」
という方は結構いらっしゃると思います。
ですので、今日は
『どうやって自分のホームページやネット記事を
ターゲットの露出していくのか』
について、少しヒントを話していこうと思います。
もし、あなたがネットから
効率よく集客がしたいと思っているのであれば
この先は慎重に読み進めてください。
===============
集客の絶対原則
===============
では、これからネットから効率よく
集客ができるようになるヒントを
お伝えしていきますが・・・
その前に1つ質問があります。
ちょっとネット集客の事は
一旦忘れて次の質問に答えてください。
「あなたのビジネスのターゲットはどんな人ですか?」
・・・・・
おそらくこの質問をすると
業種によってターゲットはそれぞれだと思いますが、
ほとんどの人が自分のターゲットの
『人物像』
を想像すると思います。
例えば、居酒屋経営の方は
自分のターゲットを
「30~50代のサラリーマン」
というかもしれませんし、
エステをやっている方は
「20~40代の女性」
というふうに捉えているかもしれません。
どんなビジネスをやっているかによって
ターゲットは様々ですがほとんどの人が
上記の例で挙げたように
『人物像』
でターゲットを絞っていると思います。
しかし、実はこのように
『人物像』でターゲットを絞っている人は
例外なく集客で苦戦してしまうのです。
では、どういうふうにターゲットを絞ればいいのか?
実は、多くの人は知りませんが
とても集客が楽になるターゲットの
絞り方があるのです。
それは・・・
『人物像ではなく欲求でターゲットを絞る』
という方法です。
具体的にいうと、
あなたのビジネスを必要としている人は
どんな欲求を持っているのか?
という考え方でターゲットを絞っていくのです。
例えば、あなたが居酒屋をしているとします。
居酒屋経営のほとんどの人は
先ほども言った通り、
「30~50代のサラリーマン」
とか、
「中高年の男性」
とか、そんなふうに
ターゲットを捉えています。
しかし、ここでターゲットを人物像ではなく
欲求で捉えるようにします。
そうすると、居酒屋を必要としている人は
「今から飲みに行きたい人」
 
「宴会で使うお店を探している人」
 
「接待をする場所を探している人」
というふうにちょっと違った捉え方で
ターゲットを認識する事ができます。
そこまで分かったら、集客はとても簡単になります。
「今から飲みに行きたい人」
 
「宴会で使うお店を探している人」
 
「接待をする場所を探している人」
これらの人が何を見て、
お店を探しているのかを調べれば
いいだけだからです。
何かの雑誌かもしれませんし、
何かのフリーペーパーかもしれません。
とにかく彼らがどうやって居酒屋を
探しているのかを調べればいいのです。
そして、それが分かったら
あとはそこにあなたのお店の宣伝を
出しておくだけ。
そうすれば、彼らは自然とあなたのお店を見つけて
「お、こんな店があるんだ」
というふうに来てくれるようになるのです。
では、ここで話をネット集客に戻します。
==============================
あなたのターゲットに
ホームページを露出する方法
==============================
では、ここまでの話を踏まえて・・・
あなたが居酒屋を経営している場合、
どこに自分のホームページやネット記事を
露出すればいいのでしょうか?
いきなり答えを言ってしまいますが、
「今から飲みに行きたい人」
 
「宴会で使うお店を探している人」
 
「接待をする場所を探している人」
こういったターゲットたちが
『ネット上でどうやって居酒屋を探しているのかを調べて、
そこに自分のホームページやネット記事を露出する』
という事なのです。
ターゲットに当たる人が
居酒屋を探す時にネット上で
「どういう検索をしているのか?」
 
「どういうサイトを利用しているのか?」
 
「どういうアプリを見ているのか?」
など、こういった事を調べて
そこにあなたのホームページを
露出できるようにする・・・
ただそれだけなのです。
ちなみに今回は居酒屋を例に出しましたが
このやり方はどんな業種でも有効です。
たとえ、エステであっても、
美容室であっても税理士であっても
リフォーム店や工務店であっても・・・
このやり方は使えます。
ですので、もしあなたが
「ネットで効率よく集客ができるようになりたい」
と思っているのであれば、
ぜひこの考え方で集客をやってみてください。
追伸:
ちなみに今回のターゲティング法や
ターゲットに届くように宣伝を出す方法は、
PROSPERITY MARKETING SYSTEMにて
詳しく解説されています。
お手元にある方は、
PROSPERITY MARKETING SYSTEMの
41~49ページに書かれていますので
そちらをそっくりそのままやってみてください。
正岡真
 
たまに応援クリックして頂けると嬉しいです!

マーケティング・経営 ブログランキングへ
 
 

Source: 小さなお店の経営者必見!1億稼ぐバカ売れ繁盛店の集客術