これからは頑張っても努力しても儲からない

ダイヤモンドオンラインによれば下記がこれから機械・人工知能・AIが奪う職業・仕事のランキング上位です。

小売店販売員、会計士、一般事務員、セールスマン、秘書、飲食カウンター接客係、商店レジ打ち係や切符販売員、箱詰め積み降ろし作業員、帳簿係、大型トラック・ローリー車の運転手、コールセンター案内係、乗用車・タクシー・バンの運転手、中央官庁職員など上級公務員 、料理人の下で働く料理人、ビル管理人、建物の簡単な管理補修係、組立工、機械工、在庫管理事務員、広告や市場調査の専門職、自動車整備士・修理工、建設作業員、保険販売代理人、在宅介護担当者、窓口対応係、コンピュータサポートデスク、食器洗い作業員、警備員、郵便集配取り扱い作業員、保険証券担当事務員、庭師、不動産鑑定士、通関士、大工建具職人、不動産業者、バスの運転手、財務投資顧問、教師補助員、会計・経理事務員・・・。

すでに私の周りでも有名国立大卒や有名私大卒で正社員になれずに契約社員で働いている人や無職の人が結構います。資格はたくさん持っているけれど仕事のない人も結構います。

そして、これからは海外から流入する労働人口の増加や機械・人工知能・AIの進歩により、さらに労働単価は下がると予測されます。つまり、これからあなたが何もしなければどんどん「安い競合」が現れるのであなたの仕事の単価も「安くなる」ということです。

そうならないためにはどうすればいいのか?その答えをこちらに書きました。

ブランディング02


Source: 商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫